【声明】大阪IR計画の是非を住民に問う住民投票実施に賛成する




 大阪にIR・カジノを誘致する区域整備計画についての同意を求める議案が、大阪府議会・大阪市会の2月定例会に提案される。議決されれば国へ区域整備計画の認定の申請が行われる。しかしこの計画をめぐっては、この間当初計画にはない予算負担が次々と明らかになり、住民から不安の声が上がっている。


 そんな中、明日から始まる大阪市会で、自民党・市民クラブ大阪市会議員団が「住民投票条例案」を提案するとしている。我々は、この住民投票条例案におおいに賛同するものである。


 一連の夢洲開発をめぐっては、公費投入ゼロとしていたものが夢洲の土壌保全等に790億円、IR誘致のメインだったMICE(国際会議場施設等)は10万㎡だったものが開業当初2万㎡に大幅縮小など大きく変更されることになっている。大阪市長は“2019統一選で承認済み”としているが、ここまで大きな計画変更となるならば、改めて、正確な情報をもとに住民に確認すべきと考える。


 そもそもIR・カジノ誘致については、夢洲開発の問題点、依存症などカジノがもたらす社会的影響などは深刻であり、私たちは当初から反対の姿勢をとってきた。大阪府民、とりわけ大阪市民に大きな負担をかけることになることから、住民の意見を聞くべきとする自民党・市民クラブ大阪市会議員団の住民投票条例案に賛同し、可決された際には広く市民とともに、IR・カジノ誘致反対の運動に取り組む。


 民主ネット大阪府議会議員団としては、IR・カジノの事業地域である大阪市民の大多数の賛同を得ない限り、この計画を進めることに賛成できないことを明言しておく。



2022年2月9日

民主ネット大阪府議会議員団

代 表 野々上 愛

幹事長 山田けんた

閲覧数:53回0件のコメント

最新記事

すべて表示

大阪IRに賛成できない理由 民主ネット大阪府議会議員団 1・事業の目的が大幅変更されたこと 大阪IRカジノ誘致計画は、当初、「世界基準・国内最大」のMICEを誘致することで、外国人観光客の誘客、インバウンドを目的としていたが、コロナの影響もあったとは言え、カジノ(ギャンブル)中心の計画へと大きく変更されたことである。 2019年に作成された「大阪IR基本構想」(以下、基本構想)では、IR全体の年間

2022年3月24日 民主ネット大阪府議会議員団 代 表 野々上 愛 幹事長 山田けんた 大阪府議会令和4年(2022年)2月定例会、3月24日採決における 民主ネット大阪府議会議員団採決態度について 大阪府議会令和4年(2022年)2月定例会の諸議案に対する、民主ネット大阪府議会議員団の主だった採決態度ならびにその理由について、以下に説明する。本来これら主張は、本会議場の討論を通じてなされるべき

2022年2月24日 民主ネット大阪府議会議員団 代 表 野々上 愛 幹事長 山田けんた 大阪府議会令和3年度(2021年度)2月定例会、2月24日採決分における 民主ネット大阪府議会議員団の態度と意見表明 本日、次期改選時から大阪府議会の定数を9議席削減する、「大阪府議会議員の定数並びに選挙区及び各選挙区において選挙すべき議員の数に関する条例一部改正の件」が維新・自民・公明会派から共同提案され、

title1.png