ページの先頭です。本文を読み飛ばして、このサイトのメニューなどを読む

サイト内の現在位置です:

政策

ののうえ愛の基本政策 〜2019

◆「子ども育てるなら大阪で」と言ってもらえる教育・子育て環境の整備

・学力テストの数字を上げることだけにこだわらず、子どもの自尊感情と個性を大切にした教育を。
・保育所、学童保育の待機児童の解消、相談体制の強化で働く保護者を支援。
・いじめ・虐待・DVなどに素早く対応できる体制の構築を。

・そのために必要な人員の増員や、教員のワーク・ライフ・バランスにも配慮を。

◆カジノやイベントに頼らず、持続可能で災害に強いまちづくりを着実に

・予算削減のための民営化ではなく、安全・安心の街づくりのために、みんなが使える、息の長い公共サービスを。

・行政と市民との協働で防災力のアップ、災害対応の質を高める。

◆無意味なキャンペーンの政治にNO

・「大阪都構想」騒ぎに終止符を。

・府と市町村の役割分担を明確にし、補完性の原理に基づいたボトムアップの住民自治を。

◆人を使い捨てにしない

・人を使い捨てしないための労働環境整備に向け、若者、女性、ロスジェネ、子育て世代、高齢者、移民、みんなが楽しく暮らせて消費も上向く大阪へ。

◆多様な社会を映し出す、みんなの議会に

・女性が極端に少ない大阪府議会、女性の政治参加で政治の風景を変える。
・「有権者は四年にいっぺんだけ王様」ではなく、参加型予算制度などを導入し、いつでも府政に参加できる仕組みづくりを。
 

ページの終端です。ページの先頭に戻る