ページの先頭です。本文を読み飛ばして、このサイトのメニューなどを読む

サイト内の現在位置です:

2007年統一地方選挙

2007年統一地方選挙の記録です。

1期目4年間のあゆみ

  • 2003年高槻市議会議員に25歳で当選
  • 当選後、無所属市民派の議員会派「元気市民」を結成。
  • 文教市民委員会、総務消防委員会、史跡等保存特別委員会等に所属し、積極的に発言。
  • 高槻の現状に合った子育て支援や、子ども達がのびのびと過ごせる学校づくり、国の政策に振り回されない福祉のあり方、多様なあり方を認める人権の問題、ジェンダーフリーについて、地方分権を確立するための財政問題などのテーマで毎議会質問に立つ。
  • 議会活動以外でも、高槻ジャズストリート、都市環境を考える会など、高槻のまちづくりに積極的にかかわる。
  • 地球温暖化防止の京都議定書発行にあわせて行われた、アジア太平洋みどりの京都会議に参加。地球環境問題を考える各国の若者と交流。
  • イラク戦争反対のピースウォークや、住民・国民投票の問題、憲法9条問題など平和と非戦の問題でも行動を起こす。
  • 関西若手議員の会事務局長として超党派の若手議員の勉強会ネットワーク形成に奔走。
  • 全国の無所属市民派議員のネットワーク、虹と緑の500人リストに参加し、広い視野から自治体政策に取り組む。

もっと!対話する、参加できる 高槻へ

もっと*多様性をみとめる高槻へ

いろいろな人のあり方、生き方を尊重する社会づくり

もっと*持続可能な高槻へ

人も環境も、すべてのいのちが大切

もっと*共生・公正な社会へ

押し付けではない子育て、教育、福祉を

もっと*非戦のまちづくり

高槻から平和を発信。世界のどこからも戦争をなくしたい

お寄せいただいた応援メッセージ

寄せ書き

小沢福子さん 大阪府議会議員

愛さんはまちの空気を呼吸する人。市民参加の息づく政治をつくるために彼女とともにがんばりましょう。

辻元清美さん 衆議院議員

「若者の声を議会へ」とチャレンジを続ける野々上愛さん。希望と平和に満ちた高槻をつくるため、今後も活躍していただきたい。

宇津木秀甫さん むかし話研究家

憲法9条を改悪すると公言している政府に追従の高槻市政は情けない。市民的自由を拡大してくれるよう、若い感性を行動で示す野々上さんを議会に押し挙げましょう。

伊田広行さん 立命館大学非常勤教員

“向こう”は「不安を組織化」し不寛容で排他的な社会にしています。私達は希望を組織化していきましょう。野々上さんは、高槻での希望の組織化の接着剤になってくれるでしょう。

ページの終端です。ページの先頭に戻る