ページの先頭です。本文を読み飛ばして、このサイトのメニューなどを読む

サイト内の現在位置です:

最新エントリー

明日から総選挙・インターネット選挙は道半ば

明日から衆議院選挙が始まります。政権交代がかかった今回の選挙は、地方議会にとっても9月以降の議会審議に大きな影響がある事が予測され、目が離せません。

前回、2005年の解散総選挙以降、地方の実態を無視した法律がどんどんとつくり続けられ、もはや我慢も限界。政権が代われば全てがバラ色、とは楽観しませんが、とにかく今の閉塞感を突き破る大きな政治のうねりが起こることを期待し、また起こしていく総選挙にしたいと思います。

...続きを読む

  • 執筆 :   2009/8/17 23:00
  • 閲覧 (3784)

6月議会報告・後半議会

6月議会の後半では、昨年から続く麻生内閣の連発補正予算を受けてこれまでにないものとなりました。今回議論されたのは、国の2009年度補正予算を受けての、急遽の補正予算についてです。国では総額15兆円に及ぶ補正予算、高槻市では約10億円が割り当てられています。

...続きを読む

  • 執筆 :   2009/7/11 17:22
  • 閲覧 (3139)

6月議会報告・前半議会

おかしいぞ、仮称・今城塚古代歴史館

3月に1年分の予算が成立した直後の6月議会は、例年、大きな予算補正はなく、淡々と進んでいきます。今年の6月定例議会の前半で、私が注目したのは、(仮称)今城塚古代歴史館の工事契約に関する議案です。総額24億円をかけて建設されるこの建物については、3月議会でも具体的な計画について質問し、そのあまりのずさんさに呆然としました。そこから3ヶ月、どの程度計画が煮詰まったのかを改めて質問したのですが・・・。

...続きを読む

  • 執筆 :   2009/7/11 16:57
  • 閲覧 (3267)

6月議会が間もなく始まります

今週金曜日、12日から6月定例議会が始まります。先週末には審議内容が記された議案書を受け取り、今日は議会運営委員会が開かれ、議事進行の段取りをします。

3月に1年分の予算編成を行った直後の議会とあって、毎年6月議会は1年で最もボリュームが少ない議会です。

...続きを読む

  • 執筆 :   2009/6/9 14:25
  • 閲覧 (3010)

3月議会も明日までです

明日で、高槻市議会3月定例議会が終了予定です。明日の本会議は一般質問です。私、野々上愛は午後から質問に立つ予定です。今回の質問項目は、1・高槻市の市民参加への取り組みについて、2・高槻市のごみ政策について、の2点です。

...続きを読む

  • 執筆 :   2009/3/26 18:23
  • 閲覧 (3081)

制度とセイド。駅で考える

今日は、京阪中之島線なにわ橋駅で行われた、「ラボカフェ“セイドについて考えてみる”」に参加しました。

駅の構内のオープンスペースで行われたこのイベントは、スケードボードの映像からスタートし、制度の枠にはまらない表現の方法を次々に紹介。

...続きを読む

  • 執筆 :   2009/2/26 20:20
  • 閲覧 (2922)

定額給付金の行方

今朝は、毎週水曜日の元気市民定例の朝街宣を阪急高槻市駅で行いました。  

昨年秋の世界同時金融危機に端を発した不況は、私たちの生活にもいろいろな形で影を落としてきています。輸出に頼る日本経済への影響は大きく、自動車産業の企業城下町と呼ばれるような自治体では、法人事業税が9割減、と言うところも出てきています。

そんな中、間もなくスタートする高槻市議会3月議会に向けてのお話をさせていただきました。

...続きを読む

  • 執筆 :   2009/2/25 19:40
  • 閲覧 (3527)

市民が決めよう。京大農場の行方

2月16日に行われた高槻市議会史跡整備等特別委員会で、移転の方針が示されている、京都大学の農場の問題が検討されました。

...続きを読む

  • 執筆 :   2009/2/16 23:10
  • 閲覧 (5157)

元気市民、市長へ緊急要望書提出

genki

 本日、「悪化する金融経済状況から市民生活を守る緊急要望書」を奥本高槻市長に提出しました。

...続きを読む

  • 執筆 :   2009/1/15 0:00
  • 閲覧 (3769)

なんという年明けか

 新年がスタートしてまもなく2週間です。
今年最初の連休は、昨日の消防出初式、今日の成人式と式典が続きます。
今年成人式を迎えるのは、昭和の最後の年と、平成の最初の年に生まれた人たちです。3167人の新成人が新しい時代を担っていきます。

...続きを読む

  • 執筆 :   2009/1/12 0:00
  • 閲覧 (2827)

ページの終端です。ページの先頭に戻る