ページの先頭です。本文を読み飛ばして、このサイトのメニューなどを読む

サイト内の現在位置です:

最新エントリー

京大農場問題で大紛糾の9月議会

気が付けば9月も終わろうとしています。節電に明け暮れた夏から一転、少し過ごしやすい季節となりました。みなさんいかがお過ごしでしょうか。4月の選挙以降、随分とブログの更新が滞ってしまい、大変申し訳ありません。日々の活動はtwitter http://twitter.com/#!/nonoueai でも発信していますので、よろしければご覧ください。

 

さて、久しぶりのブログポストは、高槻市議会9月定例議会についてです。最大の争点は、京大農場問題です。

阪急高槻市駅から京都方面へ徒歩10分ほどの所にある広大な緑の空間の行く末が大きな問題となりました。138億円をかけ京大農場を防災公園として取得する議案が提出されたのです。
 

事の発端は2003年。奥本前市長が「京大農場にサッカースタジアムをつくりガンバ大阪のホームタウンに!」と言う驚きの選挙公約を掲げた事から始まりました。

...続きを読む

  • 執筆 :   2011/9/25 11:10
  • 閲覧 (4632)

ののうえ愛の基本姿勢

 3月に発生した東日本大震災は、多くの人々の命や家屋を奪い、街を破壊し、また安全性が疑問視されていた原子力発電所において大事故を引き起こしました。「災害に強い街づくり」は重要な政策ですが、想定外の破壊的な天災を避けることは現在の人類には困難であると言わざるを得ません。

 大都市圏でのエネルギーの大量消費ために、「地震列島日本」の危険性を無視し地方での建設が押し進められてきた原子力行政、そして右肩あがりの経済発展を求めてきた経済・雇用政策や地域政策は、大きく見直される時に来ました。

...続きを読む

  • 執筆 :   2011/4/16 23:19
  • 閲覧 (3719)

自治体からのエネルギーシフト

 統一自治体選挙後半を前にして、改めて確認したい目指すべき高槻の姿があります。 http://www.nonoueai.net/modules/contents/index.php?content_id=47

これは4年前の選挙に際して書いた文章ですが、今回の原子力災害をめぐる問題を見るにつけ、改めて真剣にエネルギーの問題を議論して行かなくてはならないと痛感しました。

...続きを読む

  • 執筆 :   2011/4/14 23:00
  • 閲覧 (2784)

中学校給食、おおいに議論をしよう

  統一自治体選挙前半戦が終わりました。東日本の大震災を受けて全国的に投票率が低調な中、大阪では少しですが投票率がアップしました。これは橋下知事の維新の会に注目が集まったことが大きな理由かと思われますが、いずれにせよ主権者たる有権者のみなさんが、大変な時だからこそしっかりと選挙で意思表示をされたのは喜ばしいことだと思います。

 選挙では、原発問題の是非や防災計画の見直しなど、未曾有の震災を受けて、改めて危機管理体制についてが大きながテーマとなりました。

 一方、震災前に橋下知事が争点にしようと躍起になっていたのが、大阪府内の中学校夕食の実施です。

...続きを読む

  • 執筆 :   2011/4/12 22:40
  • 閲覧 (3659)

3月議会最終日

3月16日の3月議会最終日の本会議は、東日本大震災でお亡くなりになられた方への黙祷から始まりました。

高槻市は、11日の地震発生から間もなく、消防の救助隊が現地へ向かい、続いて水道からも支援隊が出発しました。また府を通じて高槻市の備蓄物資も送られました。阪神大震災から16年、震災に対する行政の体制は着実に進歩しています。

高槻市議会では、「東北地方太平洋沖地震災害対策に関する緊急決議」を全会一致で可決し、また34人の市議会議員全員で100万円の義援金を送る事を決定しました。

...続きを読む

  • 執筆 :   2011/3/17 11:30
  • 閲覧 (2976)

韓国から地方議員がやって来た

 

韓国京畿道富川市からの訪日団を受け入れました。

KoreaGreensの活動に取り組む大学教授のコーディネートの下  、韓国の市民活動家や大学生、富川市の4名の女性市議など、総勢11名の訪問を受けました。日本のGreens、みどりの未来の前の共同代表で、昨年最年少女性市長となった稲村和美尼崎市長を表敬訪問の後、関西の市民派議員やみどり関西のメンバーで尼崎市議会で懇談会を持ちました。

富川市はソウルと仁川の間に位置する人口89万人の都市。

...続きを読む

  • 執筆 :   2011/1/12 19:00
  • 閲覧 (3792)

辻元清美議員の社民党離党に寄せて

 先週、辻元清美衆議院議員の社民党に対する離党届が、提出から約1ヶ月を経て受理されたとの報道がなされました。辻元議員の社民党離党をめぐっては、高槻でも全国でも大きな話題となり、私自身も地元の人やマスコミからコメントを求められました。筆が重いな、と思い自身の考えをまとめるのに随分と時間がかかってしまいました。今更ではありますが、辻元清美議員の社民党離党について、ののうえ愛の意見をまとめてみました。

...続きを読む

  • 執筆 :   2010/8/27 16:40
  • 閲覧 (5221)

ののうえ愛活動報告会のご報告

 イベント終了後のご報告が随分と遅くなりましたが、大勢のみなさまにご参加いただいて、去る7月24日にののうえ愛活動報告会は無事終了しました。

 会場をいっぱいに埋めていただけるほどお集まりいただいて感激!市議会議員活動2期目の最後の年に向けての抱負とこれまでの活動報告、高槻の今後の政治展望などについてお話をさせていただきました。

...続きを読む

  • 執筆 :   2010/8/21 15:43
  • 閲覧 (4418)

イクメンはイケメン?〜男性の育児休暇が広まらないのはもっと他にわけがある

 今日は父の日。ニュースを見ていると若いイクメンパパの話題が登場しています。父の日と言うと、子どもが「お父さんありがとう」と言うようなイベントだったのが、近年は父親が子どもと過ごすイベントの日になってきているように思います。

 そんな中、厚生労働省が父親の子育て参加を後押しすべく、「イクメンプロジェクト」を始めるそうです。子育て中の男性がイクメンプロジェクトのホームページに自らの育児体験を書き込み、その中から毎月「イクメンの星」が選ばれるとのこと。

...続きを読む

  • 執筆 :   2010/6/20 20:06
  • 閲覧 (4325)

子ども手当ては誰のもの?

 2010年が始まりました。政権交代に沸いた昨年、今年はいよいよその真価が問われます。ところで昨年の今頃、何が話題だったか覚えていますか?いつ出るのか、誰に出るのか、当時の麻生首相の態度が二転三転しその度ヤキモキさせられた「定額給付金」です。今年は、新年度から始まる「子ども手当て」に注目が集まりました。中学生以下の子ども一人につき毎月2万6千円が支給される子ども手当。一年目の今年は半額の1万3千円が給付予定です。

...続きを読む

  • 執筆 :   2010/1/7 18:07
  • 閲覧 (4429)

ページの終端です。ページの先頭に戻る