ページの先頭です。本文を読み飛ばして、このサイトのメニューなどを読む

サイト内の現在位置です:

立憲民主党から大阪府政に挑戦します

「まっとうな大阪府政を。」
 
来春の統一地方選挙に向けた立憲民主党の10月10日付追加公認で、わたくし野々上愛は、大阪府議会議員選挙(高槻市・島本町選挙区)の公認候補に決定されました。
 
これまで4期16年にわたり、高槻市議会議員として皆さまからご支援をいただき、自治体の現場から様々な政治課題に取り組んできました。
しかし、昨今、国政においては自民党・安倍一強体制のもと、健全な民主主義や平和憲法が脅かされており、また、大阪府政においては、カジノや万博誘致、都構想住民投票等、メディアを舞台とした劇場型の政治が市民の注目を集める一方、基礎自治体を支える機能についての広域行政としての議論はおざなりにされています。国政や府政の“劣化”による市民生活への影響は看過できないものになっています。
 
これまで、緑の党グリーンズジャパンのメンバーとして、党の立ち上げから携わってまいりましたが、その経験をベースに、野党結集に力を尽くし、有権者の皆さんに手応えのある選択肢を提供しなければならいと考え、野党のなかでも国政では与党自民党に、また府政では維新の会に対して明確な対決姿勢を打ち出すことのできる立憲民主党に入党し、府政へのチャレンジを決意しました。
 
市議として培ってきた経験、また様々な市民運動に参加して得たネットワークを活かし、大阪の政治をより市民に開かれたものにするとともに、人権と連帯の原理に基づいた、フェアで持続可能な社会、という緑の党がグローバルに共有している理念を今後の活動に活かし、昨年誕生したばかりの立憲民主党を市民の生活実感に根ざした政策を担う勢力に作り上げていく一翼を担うべく、全力で取り組みます。
 
2018年10月11日 野々上愛
  • 執筆 :   2018/10/11 23:31
  • 閲覧 (1427)

ページの終端です。ページの先頭に戻る